ローヤルゼリーを「選ぶ」方法をガイド!
メインイメージ

コレステロールの上昇を抑えるローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーはミツバチの分泌物です。
美容系商品に含まれていることが多いため、女性であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。
ローヤルゼリーは、抗酸化作用を持っていて、老化の原因となる活性酸素を排除する働きがあります。

ほかにもアミノ酸やビタミンB群を含んでいて、若返り物質と言われている類パロチンも含んでいます。
美容業界では注目の成分で、基礎化粧品はもちろん、サプリなどでも幅広く活用されています。
最近では、ローヤルゼリーの効果における研究が進み、もっと他にも期待できる働きを秘めていることが分かってきました。

その一つがコレステロール値の低下です。
血管は、酸素を全身に送る重要な臓器のひとつですが、加齢や肥満によりその働きが鈍くなっていきます。

そこにコレステロールが付くことでさらにもろくなります。
すると動脈硬化がすすみ、脳疾患や心臓病を患ったりコレステロール血症になったります。
コレステロール値や血圧を改善させるにはパントテン酸が効きます。
パントテン酸は、血管の壁についた不要物を取り除き、血管の流れの抵抗を減らしてくれる働きがあります。
パントテン酸を摂取することで血流が良くなって、血圧が下がったり安定したりします。
ローヤルゼリーには、このパントテン酸が含まれています。

コレステロール値が高くなれば血圧は上がり、生活習慣病になる可能性も否定できません。
ローヤルゼリーがコレステロール値の低下に効くとは意外かもしれませんが、これからは新しいやり方で健康を維持してみてはいかがでしょうか?

トップに戻る