ローヤルゼリーを「選ぶ」方法をガイド!
メインイメージ

ローヤルゼリーと骨密度の関係

女王蜂のみが食べることができるローヤルゼリー。
働き蜂の40倍もの寿命があるといわれるのは栄養満点のローヤルゼリーがもたらすパワーです。
このパワーに注目し健康食品として近年ではメジャーなものになってきました。

ローヤルゼリーを摂取ると代謝があがり若々しさを保つことができるといわれています。
他にも、骨粗しょう症にも効果があると期待されています。

骨粗しょう症とは体内のカルシウムが溶けてしまい骨の中がスカスカになってしまう、中高年の方ならだれでも起こりうる症状です。
骨密度が低下するとちょっとしたことで骨折しやすくなったり背中や腰に痛みを感じたり日常生活にも影響がでます。
骨粗しょう症は見た目でわからないので40代に入ったら予防に努めると良いでしょう。

骨粗しょう症を予防するには骨密度を保つ必要があります。
ホルモンの一種、エストロゲンは骨からカルシウムを溶かすのを防止する役割がありますが、閉経後の女性はエストロゲンが減少するので骨密度が低下します。
ローヤルゼリーにはエストロゲンに似たデセン酸や類パロチンという成分があり、エストロゲンの変わりとなり、骨密度を保ちます。

また、ローヤルゼリーはカルシウムの吸収率を上げるともいわれているので、強い骨つくりに欠かせません。
骨密度を維持すれば今までと同様に体を動かすこともできますし、美しい姿勢でいると若々しく見えますよね。
ローヤルゼリーには更年期の不快な症状を緩和する効能もありますので毎日の生活に取り入れてみましょう。

トップに戻る