ローヤルゼリーを「選ぶ」方法をガイド!
メインイメージ

ローヤルゼリーと肌の水分量の関係

加齢とともに、肌の水分は失われていきます。
ある程度は仕方のない事ですが、間違ったスキンケアや生活の乱れで、どんどん進行してしまいます。

水分が少なくなると肌に張りがなくなり、たるみ、しわが出来ます。
また、乾燥はニキビ等、肌トラブルの原因となります。
ローヤルゼリー配合の化粧水を塗布し続けると、肌の水分量が増加するという事が明らかになりました。
また、ローヤルゼリーを経口摂取しても同様の効果があり、しわやくすみが改善したという感想が多く聞かれました。

それは、様々な成分が作用し、肌の保水力が高まったからです。
ローヤルゼリーには、肌に良い成分が豊富にあります。
セリンは化粧品にもよく使われている非必須アミノ酸の一種です。
角質層にある保湿成分の中で最も量が多く、肌の水分を保つには重量な物質です。

ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸は、皮脂の分泌をコントロールしてくれます。
水分が少ないと、肌を守ろうとして皮脂が多くなるので、2つのバランスを保つためには重要な成分です。
また、デセン酸はエストロゲンと似たような働きをするという説があります。
女性ホルモンもセラミドを増やし、肌の保水力を高めるのに必要な成分です。

このような事から、デセン酸は肌の水分量を保つのに役立っているといえます。
他にも、ローヤルゼリーには細胞の増殖を促進するアピシン、成長ホルモンと似た作用をする類パロチン等、保湿成分だけでなく、総合的に肌の水分量を保つ成分がたくさん含まれているのです。

トップに戻る