ローヤルゼリーを「選ぶ」方法をガイド!
メインイメージ

更年期に効くのはローヤルゼリー?プラセンタ?

更年期障害とは、加齢に伴いホルモンバランスが崩れる事で起こる症候群の事です。
女性だけでなく男性にも症状が現れます。

更年期障害の治療や症状緩和にはローヤルゼリーとプラセンタがよく用いられますが、「より効果的なのはどっちなの?」と疑問に思った事はありませんか?
この疑問について、それぞれの成分や効能を比較しながら解説いたします。
ローヤルゼリーとは、働きバチの体内で作られる分泌物の事で、女王バチの餌になります。
非常に栄養価が高く、疲労回復・免疫機能の改善・生活習慣病の予防に効果的です。

ローヤルゼリーの特有成分デセン酸は女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをします。
更年期に不足するエストロゲンをデセン酸が補う事でホルモンバランスが正常に保たれ、体調を整えてくれるのです。
また、血糖値や血液中のコレステロールを低下させる働きもあります。
一方、プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスの事を指します。

プラセンタの成分で更年期障害に最も有効なのは、NGF(神経細胞増殖因子)という成長因子です。
NGFは自律神経やホルモンバランスを調整し、イライラや不安感を抑えてくれます。
プラセンタにはNGF以外の成長因子も多数含まれており、全身の細胞分裂を活性化し、新陳代謝を促進するので美肌作りにも効果的です。
薬やサプリの効き方は個人差が大きく、体質によって合う・合わないがあるので、どちらがより優れているか断言するのは難しいです。

更年期障害の対策以外に、病気全般の予防をしたいならローヤルゼリー、高い美容効果を求めるならプラセンタというように、何を重視するかを考えたうえで選ぶ事をオススメします。

トップに戻る