ローヤルゼリーを「選ぶ」方法をガイド!
メインイメージ

糖尿病予備軍と患者におすすめなのはローヤルゼリー

40代50代、60代になってくると、血糖値が高めになったり糖尿病を患ったりする人が増えていきます。
中高年になって突然増えるこの種の悩みについては、ローヤルゼリーが解決してくれるかもしれません。

ローヤルゼリーといえば、強い抗酸化作用があって、身体が錆びて老化するのを防いでくれるものとして知られています。
しかし、近年研究が進み、新たな健康効果を持つことが分かってきました。
そのひとつが糖尿病の予防と改善です。
糖尿病とは、インスリンの分泌が悪くなり空腹時でも高血糖な状態が続くことで罹患します。
ローヤルゼリーにはインスリンの抵抗性といって、インスリンが分泌されにくくなる状態を改善する働きがあります。
これは、ローヤルゼリーに含まれるデセン酸の効果によるものです。

デセン酸とは脂肪酸のひとつで、皮脂の分泌をコントロールしたり血糖に対抗したりします。
ローヤルゼリーに含まれるビタミンB6も血糖値を下げるときにアシストします。
インスリンは膵臓から作られますが、その際、ビタミンB6が大量に必要になるためです。
ローヤルゼリーを摂取すれば、インスリンと同じような作用をもたらしたり、低下している膵臓の機能をアップさせることができます。

結果的には血糖値をコントロールすることになり、数値を下げることにつながります。
糖尿病予備軍の方も含めて、予防と改善のためにローヤルゼリーを摂ってみてはいかがでしょうか。

トップに戻る