ローヤルゼリーを「選ぶ」方法をガイド!
メインイメージ

アセチルコリン(ローヤルゼリー主成分)の働き

男性女性とも50代前後になると更年期障害の症状に悩まされる方も少なくありません。
ローヤルゼリーの主成分には更年期障害に効果的な「アセチルコリン」が含まれています。
この物質は副交感神経に作用し自律神経に働きかけます。

神経バランスをコントロールできるため更年期障害にも効果があると言われています。
50代前後の男性に表れる症状の一つに「LOH症候群」があります。
これは体内で分泌するのステロイドホルモンが減少する事で引き起こされます。
主な症状は自律神経がバランスを崩す事により気力の低下や意欲減退等の症状です。

アセチルコリンは神経から脳に情報伝達を促し脳の働きを活性化させる効果がある事から、症状緩和に効果的であると言われています。
また、アセチルコリンの産生不足により発症する「アルツハイマー型認知症疾患」にも効果をもたらすと期待されています。
アルツハイマー型認知症疾患は認知症の中でも、最も多い疾患です。

症状は記憶障害や判断力の低下等が中心的な症状です。
疾患の主な原因としては、脳萎縮が起こる事で発症するといわれています。
しかしこの他にも、脳内の神経物質であるアセチルコリンやセロトニン等の急激な減少の可能性も考えられています。

ローヤルゼリーを摂取する事で脳内のアセチルコリンの濃度を高める作用が期待出来ます。
ローヤルゼリーが認知症疾患に有用な作用をもたらす背景にはアセチルコリンの働きが大きく関わっています。

トップに戻る