ローヤルゼリーを「選ぶ」方法をガイド!
メインイメージ

ローヤルゼリーとはちみつは何が違うの?

はちみつもローヤルゼリーもどちらも蜂が作り出す蜂産品で、大自然の恵みとして太古の昔から人間の生活に取り入れられてきたものです。

どちらも花の蜜を原料として蜂が作りだしています。
どちらも同じようなものと認識している人も多いのですが、両者はその使い道や効果が全く違うものです。
はちみつは働き蜂の食事として用意されるもので、原料の花の蜜をいったん体内に取り込み、蜜胃といわれる胃袋で消化することによって果糖とブドウ糖に分解、再び体外へ排出して巣房内で熟成させたものです。

はちみつの成分は、8割以上の糖質と、ごくわずかのビタミンやミネラルが含まれているものの残りの大部分が水分で構成されています。
黄色みの強い透明な粘度の高い液体で、甘味料として使用されています。
それに対してローヤルゼリーは、女王蜂専用に特別な栄養素を含んだ専用の食事として用意されるものです。

ローヤルゼリーを作る働きバチは羽化してから1週間ほどの若い働き蜂だけが作り出すことができます。
はちみつと同様にいったん花粉や花蜜をいったん体内に取り込み、腸で吸収、再合成後に顎の下の分泌腺から分泌液として出す乳白色の液体です。

ローヤルゼリーの成分は糖質はわずか1割程度で、6割が水分、残りの3割は栄養素です。
ローヤルゼリーにしか含まれていないとされる「デセン酸」は女性のホルモンバランスを整えてくれるため、特に更年期以降のホルモン分泌量が低下してくる年代の女性の健康的な生活にとても役立つ成分です。

トップに戻る